細胞検査士会
English
 
 
会員専用
セミナー・ワークショップ
細胞検査士会報
各種委員会
細胞検査士のQ&A
学術情報(勉強会・研究会)
 Love49 (啓発活動)
細胞検査士求人情報
Internet Cytology (学術)
HPガイドライン
リンク
情報委員会
日本臨床細胞学会
細胞診専門医会
細胞検査士会支部
トップページへ

CTJSC ロゴマークダウンロード

新着情報
セルフアセスメントスライド貸し出しについて
12.07.02

       Self Assessment Slide取扱要網

    目 次

    第1章 総則
    第2章 利用目的の特定等
    第3章 適性管理

    資料

          様式1:076(利用申請書)

       (上記ワードファイルをダウンロードしてご使用下さい。)

第1章 総則

(目的)
第1条 この規程は、細胞検査士会が所有するSelf Assessment Slideが細胞診精度管理の有用な資料であることにかんがみ、2次精度管理として、各都道府県の支部で利用するために適正な取扱いの確保に関し必要な事項を定める。
 2 Self Assessment Slideは細胞検査士会精度保障委員会「以下、本委員会という」が保管し、各都道府県の支部が細胞診精度管理を目的とする事業を行う時に貸出を許可する。

第2章 利用目的の特定等

(利用場所の特定)
第2条 Self Assessment Slideは、細胞診精度管理を目的とする事業に利用し、日時、場所をできる限り特定するものとする。

(利用申請方法)
第3条 各都道府県の支部はSelf Assessment Slideを利用して行う事業ごとに、利用目的、利用日、利用場所等を定める
「Self Assessment Slide利用申請書(様式1)」に記入し、本委員会に申請するものとする。
 2 申請は、支部代表者がPDFファイルにて本委員会まで電子メールで申し込む。折り返し、本委員会は使用許可の返信をするとともに、Self Assessment Slideを指定された先に発送する。
 3 Self Assessment Slideの配送費用については、着払いとして受取人が負担するものとする。

(利用目的外の利用の制限)
第4条 各都道府県の支部は、あらかじめ本委員会の同意を得ることなく前2条の規定により特定された利用目的の達成に必要な範囲を超えてSelf Assessment Slideを取り扱わないものとする。

第3章 適正管理

(Self Assessment Slideの適正管理)
第5条 各都道府県の支部の代表者はSelf Assessment Slideの取扱責任者を決め適切に管理すること。
 2 取扱責任者はSelf Assessment Slideの漏えい、紛失、不正コピー防止等の安全管理のために必要かつ適切な措置を講ずるものとする。
 3 取扱責任者は、利用目的が達成した後は、Self Assessment Slideを確実、かつ速やかに破棄又は削除するものとする。
 4 Self Assessment Slideの内容を当委員会の許可無くその内容を修正、追加、削除してはならない。
 5 Self Assessment Slideの内容を当委員会の許可無く印刷物等として第三者に提供してはならない。
 6 Self Assessment Slideの内容を当委員会の許可無くネット上に公開してはならない。

                          細胞検査士会精度保障委員会
                               平成22年10月作成

一覧へ戻る


  Copyright copy; 2001-2007 Special online committee of Cytotechnologist. All rights reserved.